どう解消しよう…(´Д` )?子どもたちの「野菜不足」問題は豆乳でお手軽解決♪

子どもたちの「野菜嫌い」が心配…。子どもも豆乳を飲めば、野菜不足になるってホント!?

子育て中のママに共通する悩み。
それは「子どもにどう野菜を食べさせるか」ではないでしょうか?(´゚д゚`)
分かります。。。かな~り苦労しますよね…。

特に、子ども達は意外とグルメで美味しくなかったら
そのあと、野菜を食べないんですよね~( ´_ゝ`)(笑)

そして、やっぱり決まった野菜ばかりを嫌がる子って多いと思いません?!
野菜=苦くてマズい。

子どももそうなんだけど、大人でも野菜嫌いな人ってきっとこんなイメージができているんでしょうね。
我が子も、「ほうれん草、にんじん、ピーマン」という野菜の代表みたいな
野菜をいつも食べてくれなくてと~っても困った経験があります(汗)

小さいとはいえ、嫌いな野菜がある子どもは嫌いな食べ物に対して本当に敏感で賢い!!

でも、すくすく成長してもらうためには、しっかり摂取してほしい量があるんですよね!

成長期の子どもはどの位の野菜の栄養素が必要なの???

そもそも、日本では野菜の目標摂取量があるって、ご存知でしたか?
国が決めているんですが、1日目安で、野菜の摂取目標350gなんだとか。

ちなみにこの数値は15歳以上なんですが、
野菜の摂取目標350gって一体どれくらいなのって思いますよね。

しかもいろんな栄養素を補うためには「なるべくたくさんの種類をバランス良く」摂るというのが大事なんですって。
毎日、何種類もの野菜をバランスよく、しかも子どもたちが食べやすいように工夫して・・・考えただけでゾッとしますね(;O;)

本題の子ども達の野菜摂取目安はというと…。

【子ども1日あたりの野菜摂取量】
年齢 野菜摂取目標
1~2歳 210g
3~8 歳 240g
9~11歳 290g
12~14歳 300g

意外ですが、身体の大きさと目標値はあまり関係なさそう(‘ω’)
成長期の子どもには、成長に必要な栄養があり、それを野菜から適切に摂るのが大切なようです。

成長に必要な栄養とは?

じゃあ、子どもの成長に必要な栄養って何なの?ってなりますよね。

そこで少し栄養について解説しますね( ´ ▽ ` )ノ

栄養には成長、大人だったら健康維持のために絶対取らなきゃいけない5つの栄養素を五大栄養素というんです。
五大栄養素とは、
①タンパク質、②脂質、③炭水化物、④ビタミン、⑤ミネラルの5つ。

どれも聞いたことありますね(≧∇≦)

たんぱく質は、筋肉や肌やかみの毛やなどの部分の材料となっている栄養素です。
不足すると、元気が出なかったりボーっとしてしまったりします。

脂質は、ためすぎると肥満になっちゃう怖い栄養素なんだけど本来は
からだを動かすエネルギーのもととなる栄養素で、体温を一定に保つ働きもするんです☆
だから、からだを動かすエネルギーがなくなったり、 体温保持がうまくできなくなってしまうんです。

成長期に必要な5代栄養素が欠乏すると、体の機能を正常に保つのが難しくなり、
らだや脳が十分に発達しない場合もあるんだって。

そして、ビタミン不足になると免疫細胞の活性化ができなくなり
風邪をひきやすい子どもになってしまいます…。

だから子どもの野菜嫌いは大・問・題(><)‼

「野菜をどうやって食べさせるか」というお悩みは、豆乳がまるっと解決!?

野菜摂取の目標量を毎日きちんと食べている大人の割合は平均約3割だそう。
その中では60歳代以上が最も多く摂取していて、
20~40代では350gに対して平均200g程度しか摂れていないんですって。

20~40代は子育てに仕事に毎日忙しくて
野菜中心の料理の準備はなかなかできない。

そうですよね、野菜料理はどうしても手間がかかるし・・・。
でも、やっぱり大人は健康維持、子どもたちにはすくすく成長してもらうために
少しでも、毎日の食事に手軽に野菜を取ったように栄養を補給したいですよね…。

こういう時こそ「豆乳」の出番!!

豆乳といえば大豆をすりつぶしたものなんですが、大豆は完全食(=パ―フェクトフード)
とよばれる、バランスよく5代栄養素+食物繊維を含んでいるスーパーフード!!
だけど豆乳=青臭いと、あまり良いイメージをもたれてないんですよね…。

でも最近は味の研究も進んでいて、なるべく栄養を損なわず飲みやすい豆乳を
色んなメーカーさんが作っていて、美味しいものもあるんです☆

豆乳の中で子どもの成長に大きくプラスになるのは「大豆たんぱく」です

大豆たんぱくとは
大豆たんぱくは大豆に含まれる特別なたんぱくなんです。
先ほど、たんぱく質は身体の材料になっている、大切な栄養素とご紹介しましたが
たんぱく質が多く含まれるのは「お肉」ですよね。
でも、お肉って食べすぎると肥満になりそうで、なんとな〜く敬遠がちになりませんか?

大豆たんぱくはたんぱく質の中でもとってもヘルシーで食べすぎても太ることはありません^^
(豆乳自体もカロリーが低いので、カロリーが気になる方も大丈夫なんです♪)

太らず、しっかりとたんぱく質が摂れるため
子どもの成長のために豆乳ってすごくおすすめなんです!

他にも豆乳にはカルシウムとマグネシウムがバランス良く入っているんです。

実は豆乳にはカルシウムが豊富

あまり知られていないんですが、豆乳には結構な量のカルシウムが含まれているんです。

流石に牛乳と比べるとカルシウム量は約半分なんだけど

背を伸ばす量には十分(≧▽≦)
しかも、カルシウムの吸収を促してくれるマグネシウムも入っているため
身長アップには豆乳はぴったりなんですって☆

いい事ずくめの豆乳なんだけど、残念ながらミネラル分とビタミンCが少し足りないので
野菜ジュースなどや普段の食事で意識して食べるといいと思います( ´▽`)

最新は青汁やグリーンスムージーの粉末が市販されているから
豆乳にプラスすれば
見た目もキレイで野菜成分のプラスされて、子どもも喜んで飲んでくれます^^♪

大人にも子どもにも安心な豆乳を取り入れて、
ご家庭で手軽に野菜不足を解消しちゃいましょう!

カテゴリー一覧

豆乳口コミ情報☆

豆乳でレッツダイエット☆

豆乳の効果と効能

みんな知ってる?豆乳基礎知識