湯葉の栄養と効果効能まとめ!イソフラボンと良質なたんぱく質できれいになる方法

湯葉は栄養価が高いだけでなく、ダイエットにもおすすめされている食材なのだそうです。これは、最強の健康食材と言えそうです。調理方法も馴染みが薄いものですが、湯葉の栄養と効能について調べていました。びっくりするほどさまざまな効能が取り上げられています。

湯葉とは?

湯葉は、大豆の加工食品の一つです。日本では、古くからある門前町が産地として知られていますから、精進料理のイメージが強いかもしれません。鎌倉時代に中国から入ってきたと言われています。大豆と水で出来ていて、高タンパク質、低カロリーが特徴とされる栄養価の高い食品です。

大豆イソフラボンを豊富に含みますし、さまざまなアミノ酸も含んでいるようです。また、植物繊維が多く含まれているとも言われています。植物繊維は、整腸作用があることから、ダイエット効果だけではなく、抗癌作用もあるそうです。大豆タンパク質の半分を占めると言われているのがグリシニンですが、必須アミノ酸に富み、血圧調整やコレステロール値を下げる効果があると言われています。イソフラボンは、女性ホルモンを安定させると言われ、女性の更年期障害にも有効のようです。

湯葉の種類と品種

湯葉の説明と種類

豆乳を加熱したさいに、ラムステン現象によって形成される液面の膜から生成されるもので、植物性蛋白質に富むのです。豆腐を作る工程でにがりを凝固剤として使うことがポイントで、種類としては、乾燥させた干しや引き上げたそのままの生や結び目にした結びがあります。また、原産国別にも層別され、中国や台湾で作られたものもあります。棒状に作られたり結びで作られたりと国内と異なります。

湯葉の栄養

ビタミンではビタミンE、たんぱく質、ミネラルではナトリウムが豊富で100グラム当たり2138KJのエネルギーを持っています。脂肪が高いので摂取のしすぎには注意が必要です。

湯葉の料理

オーソドックスなのは精進料理でつけ焼きが人気です。ただし、焼くことで栄養素がとんでしまうので食感を味わうのみになります。栄養素を犠牲にしたくなければ刺身で、魚の刺身に添えると高級感の見栄え向上の効果がありますし、調理も精製過程で出来るので簡単です。

湯葉に含まれる3つの栄養素

精進料理や割烹料理等でいただくイメージの強い湯葉ですが、意外にも非常に栄養価の高い食材ということをご存知でしょうか?

湯葉は豆乳を加熱した際に表面に膜ができ、それを引き上げて作ります。豆乳を加熱処理しただけですので、良質な豆乳を使えば、添加物等も含まれない非常にヘルシーな食材なのです。また、豆乳を凝縮したものになりますので、より栄養素がぎっちり詰まっています。

良質なたんぱく質

乾燥した湯葉の場合、約半分の栄養素はたんぱく質で占めます。たんぱく質は一般的に、体内の筋肉や血液を作る成分として知られていますが、動物性たんぱく質の場合、余分な脂質等の取りたくない成分まで一緒に摂取してしまう可能性があります。一方、大豆に含まれる脂肪はリノール酸が大部分を占めています。リノール酸には、炎症を抑えたり、高血圧・高血糖の予防、老化防止などの効果があると考えられていますので、非常にヘルシーな脂質といえます。

また、大豆たんぱく質にはコレステロールを下げ腸内から排出する効果もあると考えられています。

女性に嬉しいイソフラボン

イソフラボンの効果は、特に女性には良く知られていると思いますが、女性ホルモンが安定し生理不順や更年期障害を予防すると言われています。更に美容に嬉しい、美白効果・抗酸化効果もあると考えられ、女性にはもってこいの食材と言えます。

美容効果の高いビタミン群

その他、サポニン・レシチン・ビタミンB群・ビタミンE等も豊富に含まれ、これらの成分も非常に美容効果が高いと言われています。

湯葉を美味しく食べるレシピ2選

カボチャとひじきのレンコン蒸し・あんかけ

湯葉をくずあんに混ぜると舌ざわりがなめらかになり、栄養を無駄なく摂ることができます。

2人分の材料で、レンコン100グラムはすりおろしてボウルに入れます。カボチャ100グラムは小さめのさいの目に切り、ひじき5グラムは洗って刻みます。カボチャとひじきを、すりおろしたレンコンにに加えて塩で薄味に調味し、蒸し茶わん2個に分けて入れます。鍋にふきんを敷き、水を2センチ深さまで入れて蒸し茶わんを並べ、火にかけます。湯が湧いたら器に湯が入らないように火加減をしながら、フタをして10分蒸します。小鍋に、だし2分の1カップ、しょう油小さじ2分の1、塩少々を合わせて煮立て、湯葉をこまかく砕いて加え、ひと煮して戻します。ここに、くず粉小さじ1を水大さじ1で溶きのばし、回し入れてとろみがつくまで煮て、カボチャとひじきのレンコン蒸しにかけたらできあがりです。

湯葉鍋の作り方

豆乳を小さめの鍋に入れて沸かし、ひと口大に切って焼いた鶏肉、ゆでたブロッコリーやカリフラワー、好みでウインナー、コクを出すために食べやすい大きさに切った油揚げを入れ、表面に張った膜を材料にからめるようにして、ポン酢をつけていただきます。あっさりとしているので、思っている以上にたくさん食べられます。最後はご飯を加えて、小口切りにしたネギを散らし、「おじや」にすると無駄がありません。

湯葉はヘルシーなだけでなく、女性にも大変嬉しい栄養素が満点の食材です。しかし外食の際に食べることはあっても、なかなか家で食べる機会はないという方も多いのではないでしょうか。
そんな方でも簡単に、ホットプレートで豆乳を加熱して引き揚げれば、あっという間に出来立ての湯葉を食べるとができます。たまにはおうちで湯葉パーティの女子会というのも楽しいかもしれませんね。

カテゴリー一覧

豆乳口コミ情報☆

豆乳でレッツダイエット☆

豆乳の効果と効能

みんな知ってる?豆乳基礎知識